サッカーまとめラボ

サッカーの話題を毎日つぶやいています。



(出典 imagel.sekainavi.com)


あららとしか
まとまりないからなあ

1 ゴアマガラ ★ :2022/08/14(日) 08:45:54.96ID:CAP_USER9
「ファンに申し訳なく思う」とも

マンチェスター・ユナイテッドのエリック・テン・ハーグ監督は、ブレントフォード戦の完敗の後にコメントした。

13日に行われたプレミアリーグ第2節で、マンチェスター・Uは敵地でブレントフォードと対戦。10分、17分と守護神ダビド・デ・ヘアのミスが絡んで失点すると、
30分、35分にも立て続けにゴールを許して前半を0-4で折り返す。後半は奮闘するも不発に終わり、0-4と完敗を喫した。

これで開幕から連敗を喫したマンチェスター・U。『Opta』によると、1992年の8月21日以来、30年ぶりにプレミアリーグ最下位に沈んだという。テン・ハーグ監督は、
試合後にイギリス『スカイスポーツ』で「私にとって難しいことであり、あのようなスタートになったことは驚きだった。35分間で4失点だ。チームはこの責任を負わなくてはいけない」と話し、ファンへの謝罪の言葉を口にしている。

「ファンに申し訳なく思う。彼らは我々を応援するためにできる限りのことをやっていたが、がっかりさせてしまった。
チームとして、個人としてピッチ上での責任を負わなくてはいけない。これが我々が今日できていなかったことだ」

「私が彼らに求めたことは、信念を持ってプレーすること、パフォーマンスへの責任を取ることだ。我々はこの件に関して取り組んでいかなくてはいけない。
もちろん、監督としての責任もある。監督には一番大きな責任があり、私はこの責任を取ることになるし、取り組んでいくことになる」

https://news.yahoo.co.jp/articles/f7d87f7364afcda5321051cd36f1951fb6a1be10

【【悲報】マン・Uが30年ぶりのリーグ最下位…テン・ハーグ、4失点完敗後www】の続きを読む



(出典 f.image.geki.jp)


2人は良い調子みたい

1 久太郎 ★ :2022/08/14(日) 21:57:45.98ID:CAP_USER9
セルティックは14日、スコティッシュ・プレミアシップ第3節でキルマーノックとのアウェー戦を迎えた。

【スタッツ・フォーメーション】キルマーノック対セルティック

開幕2連勝スタートを切ったセルティックは、前田大然と前節で今季初ゴールを挙げた古橋亨梧が揃って引き続きスタメン入り。負傷が伝えられる旗手怜央と井手口陽介はメンバー外となった。

試合は序盤、セルティックが日本人ホットラインから先制点を奪う。7分、左サイドで最終ライン裏に抜け出した前田がセンタリング。正面に走り込んだ古橋がダイレクトシュートでネットを揺らし、2試合連続弾でセルティックに先制点をもたらした。

攻めるセルティックは続く35分、ペナルティアーク手前で前田からボールを受けたジョタが右足一閃。ブレ球の強烈ミドルシュートをゴール左に突き刺し、前田のアシストからジョタのスーパーゴールが決まって2-0とする。さらに、前半アディショナルタイムにもセットプレーの流れからイェンツが決めて、3点差で試合を折り返す。

迎えた後半もセットプレーから古橋のシュートがバーに弾かれる場面をつくるなど、試合の主導権を握るセルティック。ポステコグルー監督は、前田と古橋を66分にお役御免として交代させる。

その後、セルティックは76分にCKからスタルフェルトが4点目を挙げると、82分にはジャコウマキスがゴール至近距離からのバイシクル弾でダメ押しの5点目。そのまま完勝したセルティックが日本人選手の活躍もあり、開幕3連勝を飾った。

https://news.yahoo.co.jp/articles/de4e6f2687d9b77cd0a4356c95c6e4157b62df3d

【【歓喜】古橋亨梧2戦連続弾、前田大然2アシスト! 日本人コンビ躍動‼︎】の続きを読む



(出典 dot.asahi.com)


復帰おめでとう

1 久太郎 ★ :2022/08/14(日) 01:04:23.93ID:CAP_USER9
8月13日のプレミアリーグ第2節でレスター・シティと対戦
冨安途中出場のアーセナルがレスターに勝利【写真:Getty Images】

 イングランド1部アーセナルは、現地時間8月13日のプレミアリーグ第2節でレスター・シティと対戦。開幕戦を欠場したアーセナルの日本代表DF冨安健洋は今季初のベンチ入りとなり、後半30分から投入されて今季初出場を飾ったなか、試合は4-2と完勝した。

【布陣図】米メディア「ジ・アスレチック」が公開、2022-23シーズンのアーセナル「最強布陣」

 ふくらはぎの負傷によりプレシーズンから別メニューでの調整が続き、実戦からも遠ざかっていた冨安。今月5日のプレミアリーグ第1節クリスタル・パレス戦(2-0)も欠場したが、翌6日に行われたU-21チームの試合で45分間プレーし、復帰に向けて一歩前進していた。

 現在23歳の冨安は昨夏アーセナルに加入し、すぐさま右サイドバックの定位置を確保するなど存在感を発揮。冬以降は怪我に見回れたが、リーグ戦21試合に出場して評価を一気に高めていた。

 レスター戦でベンチ入りした冨安。試合は前半23分と35分にFWガブリエウ・ジェズスが連続ゴールを決め、アーセナルが2-0とリードして前半を折り返す。後半に入ると、オウンゴールで1点差に追い付かれたアーセナルだったが、同10分にMFグラニト・ジャカが追加点。同29分にMFジェームズ・マディソンに被弾した直後の後半30分、DFベン・ホワイトに代わって冨安を送り込み、冨安は今季初出場となった。

 試合は冨安が入った直後、MFガブリエル・マルティネッリが決めてアーセナルが4-2とリードを広げる。冨安は溌剌としたプレーを随所に披露し、終了間際には相手の突破を食い止めようとして相手を倒し、今季初イエローカードも受けている。

 エースFWジェズスが2ゴールと活躍し、冨安も怪我から復帰して上々のプレーを披露するなど収穫の多いゲームとなったアーセナルが4-2と完勝した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/668d64646545c6a5ea547c7b6dc08d6eb5f9193c

【【待望】アーセナル冨安が今季初出場! 途中起用で終盤にイエローカードもらう、、、】の続きを読む



(出典 football-tribe.com)


まずまずかな?

1 久太郎 ★ :2022/08/14(日) 00:32:43.89ID:CAP_USER9
 現地時間8月13日、ブンデスリーガ第2節が行なわれ、フランクフルトは敵地でヘルタ・ベルリンと対戦した。

 フランクフルトの鎌田大地はボランチの位置で今季初先発、長谷部誠はベンチスタートとなった。

 試合は3分に失点。ゴールには度々迫るものの、アウェーチームは決定機を活かせず、前半を0-1で折り返す。
 
 しかし後半開始早々、フランクフルトが追いつく。カウンターから前線に持ち上がったムアニがゴール前で右にはたく。そこに走り込んだ背番号15が、右足で落ち着いたグラウンダーのシュートを流し込んだ。


 1-1のスコアで試合が続くなか、鎌田は積極的に前線に飛び出して好機を得るがフィニッシュが精度を欠く。

 89分には走り込んだボレが相手GKに倒されPKを獲得。と思いきや、VAR判定で覆り、74分に負傷したトゥレの代わりに今季初出場した長谷部誠が必死に抗議をするも主審は決断を変えなかった。

 鎌田は87分までプレー。試合は1-1で終わっている。


https://news.yahoo.co.jp/articles/bddfb7d1cb6b4734072e2fbaf13a90f66af874d0

【【複雑】鎌田大地が今季ブンデス初スタメン! フランクフルトは敵地でヘルタ・ベルリンとドロー決着】の続きを読む



(出典 www.yomiuri.co.jp)


なんかあ、、、バタバタやな

1 久太郎 ★ :2022/08/12(金) 10:08:37.30ID:CAP_USER9
国際サッカー連盟(FIFA)は11日、当初11月21日だったFIFAワールドカップカタール2022の開幕日を1日前倒し、同月20日から開催することを正式に発表した。

 元々、カタールワールドカップの開幕戦はセネガル代表vsオランダ代表に設定されていたものの、FIFAは21日に組まれていた試合の中から、開催国のカタール代表とエクアドル代表が激突する試合のみを1日前倒し、20日の現地時間19時開催に変更。同試合が開幕戦となった。また、同大会の開会式も20日に行われる形に変更されている。

 なお、セネガル代表vsオランダ代表は21日の13時から19時にキックオフ時間が変更されている。過去のワールドカップでは、前回大会優勝国もしくは開催国が開幕戦を戦うことが常となっており、今回もその“伝統”に沿う形となった。一方で、開幕を約3カ月前に控えての日程変更は異例と言える。

https://news.yahoo.co.jp/articles/eccd5c125626109b20ecfe175aae43111b76e8d6

【【悲報】W杯開幕日が1日前倒し、開催国カタールvsエクアドルが開幕戦に…開幕約3カ月前に異例の変更 ?】の続きを読む


【解説】鹿島バイラー監督解任で欧州路線は軌道修正 上田移籍で失速…助っ人と意思疎通も障壁か
 鹿島アントラーズは7日、今季から就任したスイス人のレネ・バイラー監督(48)を解任した。クラブは「現状と今後の方向性を協議した結果、双方合意の元で…
(出典:日刊スポーツ)


やはりね

【【電撃】鹿島バイラー監督解任 不協和音か?】の続きを読む

このページのトップヘ