【歓喜】板倉滉選手完全移籍でボルシアMGへ


日本代表DF板倉滉、ドイツ1部ボルシアMGへ…昨季はシャルケの1部昇格に貢献
 【パリ=平地一紀】サッカーのドイツ1部リーグ、ボルシアMGは2日、日本代表DF板倉滉(25)がマンチェスター・シティー(マンC、イングランド)から加入したと…
(出典:読売新聞オンライン)


ようやく決まりましたー
しっかり結果出してくださ

続きを読む

『久保建英選手』について新たな移籍先


久保建英に新たな移籍先が浮上!世界的スターが“共闘”を希望か。「ペレス会長を驚かせる」
…「サプライズがない限り…」 久保建英に新たな移籍先が浮上した。  レアル・マドリーが保有する久保にレアル・ソシエダからオファーが届いているのは、周知…
(出典:SOCCER DIGEST Web)


個人的にはソシエダが良いなあ

続きを読む

綾野剛にのしかかる高視聴率枠「日曜劇場」の大プレッシャー | ニコニコニュース




 6月26日、夏ドラマトップを切ってスタートしたのが綾野剛の主演作「オールドルーキー」(TBS系)だ。拡大版で放送された初回の平均世帯視聴率は、11.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区。以下同)だった。ツイッター世界トレンド1位になるほど注目を浴びたことから15%を超えるかとの声も飛び交ったが、肩すかしの数字に終わった。

「高視聴率間違いなしの前評判だったのに、意外に数字が伸びませんでした。脚本も役者もよかったんですがね。綾野演じる現役引退を余儀なくされたサッカー選手セカンドキャリアのため孤軍奮闘する熱血話は、人気脚本家・福田靖氏のオリジナル。そして芳根京子中川大志榮倉奈々反町隆史ら豪華俳優陣が脇を固める。日本サッカー界の現役アスリートやレジェンドのほか、多彩なゲストをダメ押しでセッティングする用意周到さでした。

 アンミカやお笑いコンビエルフの荒川に大魔神こと佐々木主浩まで引っ張り出すなど、なりふり構わぬ作戦。さわやかイケメン俳優、横浜流星ゲスト出演を前面に押し出して一大PRをかけていたら、もっと食いつきがよかったかもしれません」(テレビ誌記者)

 そもそも同ドラマは4月期民放連ドラマぶっちぎりの強さを見せ、平均世帯視聴率 16.4%でラストを飾った日曜劇場「マイファミリー」の後番組。数字が悪かろうはずがない。ましてや「夏ドラマ期待度ランキングアンケートを実施した複数のサイトで、いずれもベスト3にランクインするほど注目されていた。

 そんなこんなで高視聴率獲得が完璧にお膳立てされていたにもかかわらず、爆上がりといかなかった。

「暴露系YouTuberガーシーこと東谷義和氏からの執拗なネット攻撃で、綾野のイメージは地に落ちました。プライベートの姿を長年見聞きしてきた東谷氏が恨み骨髄で繰り出す爆弾発言の数々は強烈なもの。これまで噂レベルだった酒癖や女癖の悪さが白日のもとにさらされました。それでも素行の悪さだけでは降板させることもできず、おとがめなし。放送後、伸び悩んだ視聴率を見て、初めてダメージの大きさに気づかされたのではないでしょうか」(芸能ライター

 初回は元日本代表まで上り詰めたサッカー選手が、いきなり現役を引退する羽目になり、畑違いの仕事を次々クビになって、たどりついた先が、妻にも内緒の交通誘導員。落ち目の三度笠を痛感し、スポーツマネジメント会社社長に涙ながらに直訴、土下座してまで仕事を渇望する泥臭いシーンが展開された。その迫力に、綾野を見直した視聴者も少なくなかったようで、ネットでは応援メッセージが飛び交った。

「よくも悪くも世間の耳目を集めることには成功しました。次はしっかり視聴率に結びつけていかないと、綾野を起用した意味がありません。しかし、綾野は好感度が高いわけでも、出る作品すべてがヒットするような高視聴率俳優でもありません。 昨年4月期の連続ドラマ『恋はDeepに』(日本テレビ系)も、同年10月期の連続ドラマアバランチ』(フジテレビ系)も、平均世帯視聴率は8%台。。いくら夏場の連ドラは低調な数字が相場といっても、日曜劇場TBSドラマの金看板。綾野のプレッシャーは半端じゃないでしょう」(前出・芸能ライター

 日曜劇場で主に描かれてきたのは、逆境をはねのけ快進撃するエネルギッシュでポジティブ主人公だ。綾野は衆院の雑音を封じ込めるほどの名演技で視聴者ハートをわしづかみにし、高視聴率でフィナーレを飾ることはできるのか。

(塩勢知央)

アサジョ


(出典 news.nicovideo.jp)

続きを読む

『オールドルーキー』綾野剛、サッカーへの未練消えず?天才スケボー少女めぐり窮地に | ニコニコニュース


2話はまっすー

俳優・綾野剛にとってTBS日曜劇場初主演作となるドラマオールドルーキー』の第2話が7月3日(日)夜9時から15分拡大スペシャルで放送される。



37歳で突如現役引退に追い込まれてしまった元日本代表のJリーガー・新町亮太郎(綾野剛)のセカンドキャリアを描く本作。第2話では9歳の天才スケートボード選手の獲得を巡って窮地に追い込まれる新町や、担当するプロゴルファー・高槻(竹財輝之助)のスランプに悩む梅屋敷聡太(増田貴久)の姿が描かれる。


新町は社長・高柳雅史(反町隆史)から、深沢塔子(芳根京子)と組んで9歳のスケートボード選手・牧村ひかり(佐竹晃)の獲得を任される。


ひかりを演じる佐竹は役柄と同じく9歳のスケーターで、キッズクラスの大会で優勝経験もある。スケートボードシーンの説得力を持たせるため、リアルなスケーターに芝居を教え込むかたちとなり、演技初挑戦にして日曜劇場ドラマデビューという異例の大抜擢。さらに監修には東京五輪金メダルを獲得した四十住さくらが携わっている。四十住はドラマ本編にも登場するとのことどのような場面で登場するかは明らかになっていないが第1話冒頭の試合シーン同様、リアリティあふれるスケボー描写に期待したい。

【関連】綾野剛主演『オールドルーキー』第2話を彩る9歳のスケートボード選手は“異例の大抜擢”


第1話から一転、サッカーではないスポーツに関わることになった新町だが、ポジティブさは変わらない。予告映像からはスケボーの技に口をあんぐり開けて感激したり、自身もスケボーに挑戦したりと、新しい仕事に一生懸命に取り組もうとする姿勢が見てとれる。

【画像】新町、スケボーの技に口をあんぐり



ひかりの父親でコーチの悠一(桂宮治)には相手にされず、世界最大手のスポーツマネージメント会社も獲得に動き出すなど窮地に追い込まれる新町たち。サッカーへの未練がまだ残っている自分に気が付いてやるせない気持ちにもなるなか、新町は果たしてどう乗り超えていくのだろうか。さらに予告映像には、選手時代の新町を知る城拓也(中川大志)に、体を使ってなにやらアドバイスめいたことをしているシーンも。第1話に登場した矢崎十志也(横浜流星)とは異なるであろう“憧れの関係”からも目が離せない。

【画像】選手時代の新町をヒーロー視する城


そして第2話では悩む梅屋敷(増田貴久)の姿も描かれる。担当しているプロゴルファーの高槻(竹財輝之助)が、極度のスランプに陥り、成績が下降。しかし高柳からはなんとか回復させるようにプレッシャーをかけられて、打つ手がなく、困り果ててしまう。梅屋敷は第1話では出番こそ少なかったものの、“ぷんぷん梅屋敷くん”の呼び名の通り、仕事への情熱が高くてちょっぴり怒りっぽいキャラクターが随所に現れていた。そんな梅屋敷が新町にツッコミを入れる予告映像のラストは「フフってなった」「何回見ても面白い」とSNSで反響を呼んでおり、第2話でたくさん活躍してくれることを願うばかりだ。

【画像】第2話場面カット(全25枚)


▼第1話コラムはこちら

【関連】新町(綾野剛)を縛る夢という呪い 心えぐる転落からの熱い再出発『オールドルーキー』1話


『オールドルーキー』コラム一覧→


オールドルーキー』第2話は7月3日(日)夜9時から。(15分拡大)



日曜劇場オールドルーキー』
TBS、毎週日曜よる9:00~9:54

(C)TBS

ドワンゴジェイピーnews


(出典 news.nicovideo.jp)

続きを読む

『オールドルーキー』第2話あらすじ 天才スケボー少女を獲得せよ…“新町”綾野剛が奮闘する | ニコニコニュース



今夜21時

 俳優の綾野剛が主演を務める、TBS系日曜劇場オールドルーキー』(7月スタート 毎週日曜 後9:00)の第2話が、4日に放送される。

【写真】綾野剛も口あんぐり…スケボー少女が”スゴ技”披露

 本作は、現役を引退したサッカー元日本代表の主人公・新町亮太郎(綾野)が、さまざまな挫折を経て出会ったスポーツマネージメント会社「ビクトリー」でセカンドキャリアを歩むヒューマンドラマであると同時に、もう一度娘が誇れる父親になるために37歳の新人が奮闘する家族再生の物語。

■第2話のあらすじ
亮太郎(綾野剛)は高柳社長(反町隆史)から、塔子(芳根京子)と組んで9歳のスケートボード選手・牧村ひかりの獲得を任される。ひかりは、全国大会で優勝したものの、まだ無名な小学生。今のうちにマネージメント契約を結んで、青田買いすれば、大きな利益を生む可能性が高い。

早速、ひかりの父親でコーチの悠一(桂宮治)を練習場に訪ねるが、悠一は取り付く島もない。その上、世界最大手のスポーツマネージメント会社も獲得に動き出す。窮地に追い込まれた亮太郎たちは、どうするべきか悩んでいた。そんな中、泉実(稲垣来泉)は相変わらずサッカーを辞めた亮太郎を受け入れることができない。亮太郎もいまだにサッカーへの未練がまだ残っている自分に気付き、やるせない気持ちになる。

同じ頃、梅屋敷(増田貴久)は選手のスランプに悩んでいた。担当しているプロゴルファーの高槻(竹財輝之助)が、極度のスランプに陥り、成績が下降していたのだ。しかし高柳からはなんとか回復させるようにプレッシャーをかけられて、打つ手がなく、困り果てていた。

『オールドルーキー』の場面カット(C)TBS


(出典 news.nicovideo.jp)

続きを読む

『オールドルーキー』今夜21時 第二話


中々の高評価

続きを読む

綾野剛 芳根京子に謝罪、石原さとみを献身フォロー!本誌が見たドラマ支える紳士な奮闘 | ニコニコニュース



代替テキスト

《新町はちゃんと人に頼れる人なんです。自分に甘いわけではなく、人に甘えることができる人。僕も周りの人をもっともっと頼っていきたいなと思いますし、もっともっと信じていきたい。そういう部分を新町という役を通して教わっています》(『TBS DRAMA6月26日配信記事)

主演を務める日曜劇場オールドルーキー』(TBS系)への意気込みをこう語ったのは、綾野剛(40)。7月クールドラマの先頭を切って始まった本作だが、放送前にはいくつかの波乱が……。

「“ガーシー”こと東谷義和氏が綾野さんに関する疑惑を今年春ごろからYouTube上で何度も告発。真偽は定かでないですが、反響が大きかったこともあり、ドラマの制作に影響を与えることになったそうです。日曜劇場といえば、連ドラの中でも屈指の人気枠ですが、スポンサー探しに難航したと聞いています」(テレビ局関係者)

しかし、蓋をあけてみると、26日に放送された第一話の世帯平均視聴率が11.2%(関東地区・ビデオリサーチ調べ)と好スタート。好調の陰には、綾野の巧みな“座長術”があるとドラマ制作関係者は言う。

「綾野さんは差し入れのセンスがいい俳優さんとして業界でも評判。定番の叙々苑弁当などはもちろん、女性が多い現場ではマカロンや食べやすいミニサイズロールケーキなど、常に人が喜ぶものを差し入れてくれるんです。『オールドルーキー』の現場でもスタッフキャストドラマの名前が入ったおしゃれオリジナルTシャツプレゼントしたそうです。こうした座長ぶりに、現場も士気が高まっているといいます」

これまで本誌もドラマ現場を盛り上げるべく奔走する綾野の姿を何度か目撃している。5月下旬に行われた『オールドルーキー』の撮影で、綾野のミスによってカットがかかり、撮影が中断。すると、そばにいた共演者の芳根京子(25)に駆け寄って、「ごめんね!」と謝罪。主演であってもミスしたらすかすかさず謝る潔さを見せていた。

また、昨年4月クールドラマ『恋はDeepに』(日本テレビ系)では放送前に物議を醸す報道が。W主演した石原さとみ(35)が昨年1月中旬に新型コロナに感染するも、そのことが週刊誌報道によって明らかになったことから、綾野サイドが怒っているという報道が飛び出したのだ。

そんななか迎えた昨年2月中旬の撮影現場を目撃。緊迫した雰囲気で撮影が進んでいるかと思いきや……。

「綾野さんは怒るどころか、石原さんが新型コロナに感染したことを申し訳なく思うことがないように現場で冗談を言って、石原さんを和ませていました。負い目を感じさせないようにという綾野さんの気遣いに石原さんも感謝していたと聞いています」(前出・ドラマ制作関係者)

紳士的な態度で現場を切り盛りする綾野だが、時には“やんちゃ”な一面を見せることも。13年10月におこなれたNHK大河『八重の桜』の打ち上げでのこと。会津藩主・松平容保を演じた綾野は、ハイペースでお酒を飲み、いつもは歌わないというカラオケで歌声を披露するなどすっかりできあがった様子。そして3次会が終わった午前3時過ぎ、店を出るなり、付きそうマネージャーの手を振りほどいて渾身の力で道端の花壇に力強くキック! この日は珍しく“ご乱心”だったようだ。

綾野の献身座長術で、『オールドルーキー』は夏ドラマの“王者”に君臨することができるのか。目が離せない。



(出典 news.nicovideo.jp)

続きを読む

【『オールドルーキー』第1話感想】37歳、人生の挫折と向き合う綾野剛 表情豊かな演技に視聴者も感情移入 | ニコニコニュース


【『オールドルーキー』第1話感想】37歳、人生の挫折と向き合う綾野剛 表情豊かな演技に視聴者も感情移入 | ニコニコニュース


いろいろ雑音多いけども、、、

ドラマ好きなイラストレーター、ゆう。(@yamapyou)さんによるドラマコラム。

2022年6月スタートテレビドラマオールドルーキー』(TBS系)の見どころや考察を連載していきます。

今活躍している人も、現役でバリバリ働いている人も、その終わりがいつ来るかなんてわからない。

自分はまだいける!

そう思っていたとしても世間の評価は無惨にも異なる場合がある。

もし明日、チームが解散になったら?会社をクビになったら?

私たちは現実と向き合うことはできるだろうか。プライドを捨てて新しい人生を歩むことはできるだろうか。

2022年6月26日より、綾野剛主演の日曜劇場オールドルーキー』(TBS系)がスタートした。

人生はいつだってやり直せる。

まさに人生の教科書になってくれそうな新たなドラマの誕生である。

オールドルーキー』の主人公綾野剛演じる、元サッカー日本代表の新町亮太郎。

いわゆるサッカー選手としての全盛期はとっくに過ぎてしまっているものの、また日本代表へ返り咲こうと闘志を燃やしていた。

周囲から「それは厳しいでしょ」と向けられる視線にも気づいていない、ちょっぴり痛めな主人公である。

ある日、所属していたチーム「ジェンマ八王子」が突然、経営難で解散することになった。

同僚は他チームに移籍する中、新町は年齢のハードルもあり、いっこうに移籍先が見つからない。

そこで、移籍先を見つけてもらうため、スポーツ選手のマネジメントを行う会社ビクトリーと出会う。

しかし、現実はそう甘くなかった。結局、移籍先は見つからず、そのまま『現役引退』を余儀なくされたのである。

住宅ローンや幼い娘2人の教育費など、これから大事だという時に無職になる不安は考えただけでも恐ろしい。妻が頭を抱えるのも当然だ。

新町の全盛期、J1にいた頃の年俸は5000万以上。

よく「生活の質は簡単に下げられない」というが、新町は、まさにソレだった。

J3のジェンマ八王子に移籍してから年収は400万円台になったにも関わらず、妻には「またJ1に返り咲いてやる」と言いながら高級車や時計など浪費を繰り返していたのだ。

それなのに、いざ、叩きつけられた引退という現実。

これまでサッカーしかやってきていなかった新町は、もちろんパソコン操作やサラリーマンのような営業もできない。

転職活動は上手くいかなかった。世間はそう甘くない。そう主人公が身を呈して教えてくれたのだが、ドラマとはいえ、初回から目をそむけたくなるような残酷なスタートである。

これまでスポーツや仕事などで大きな挫折の経験がある人は共感できる部分が多かったのではないだろうか。

綾野剛の表情豊かな演技に視聴者も感情移入!

数々のドラマを視聴してきたが、ここまで陰と陽のキャラクターを上手く使いこなす俳優は他に出てこない。

最近だと『アバランチ』『MIU404』『恋はDeepに』『コウノドリ』など、どれも違った綾野剛を楽しむことができた。

声のトーンが高く、ヘラヘラとした様子で喋るのも綾野剛であり、ドスの効いた声に鋭い目つきで睨むのも、微笑みながら包み込むような優しさを見せる姿も綾野剛なのである。

ここまで対照的なキャラクターを演じ分けながら、どちらを見ても「綾野剛だ!」と認識させられることに感心する。

そして本作の綾野剛は陽の印象が強い。

いつもニコニコとしていて、よく喋り、周囲を明るくするタイプだ。サッカー選手というみんなの憧れであるからこそ、キラキラとした弾ける笑顔が似合う。

初回では、そんなキャラクターが世間の厳しさを目の当たりにし、徐々にプライドがボロボロになっていく姿を綾野剛ならではのキャラクターで演じて魅せた。

悲しみを笑顔で取り繕っている感じも繊細に表現されている。

本当は辛いけど笑うしかないんだろうな。

そう感じさせられる表情を見ることで、こちらも自然と感情移入されてしまうのである。

また、涙のシーンはさらに箔が付く。

日雇いの交通整理の仕事をしながら、虚しくなった新町が「俺、何やってんだ…」と、涙ぐむ姿には多くの視聴者が胸を締め付けられたのではないだろうか。

幅広い表情を見せてくれる綾野剛の演技が今後も楽しみだ。

個性豊かなレギュラーメンバーも見どころ!

社長の厚意もあり、ビクトリーで働くことになった新町だが、そこには愉快なキャラクターも数多く登場。

バリバリ仕事ができる若手のホープ・塔子(芳根京子)は、初回から新町の教育係として奮闘。

ゲストである、横浜流星演じるサッカー選手との商談シーンも、凛として応じる姿は非常に魅力的であった。

また塔子と同様に成績優秀で社長にも買われている梅屋敷(増田貴久)。仕事ができると自覚しているが故に鼻につく態度が個性的で可愛らしい。

最近ドラマに引っ張りだこな増田貴久の演技も見どころである。

第二の人生を再スタートさせる主人公が仲間と共にこれからどう成長してくのか、夏ドラマにふさわしい、熱いパワーをもらえる作品になりそうだ。


[文・構成/grape編集部]



(出典 news.nicovideo.jp)

続きを読む
ギャラリー
  • 【歓喜】板倉滉選手完全移籍でボルシアMGへ
  • 【歓喜】板倉滉選手完全移籍でボルシアMGへ
  • 【歓喜】板倉滉選手完全移籍でボルシアMGへ
  • 【歓喜】板倉滉選手完全移籍でボルシアMGへ
  • 【歓喜】板倉滉選手完全移籍でボルシアMGへ
  • 【歓喜】板倉滉選手完全移籍でボルシアMGへ
  • 【歓喜】板倉滉選手完全移籍でボルシアMGへ
  • 【歓喜】板倉滉選手完全移籍でボルシアMGへ
  • 【歓喜】板倉滉選手完全移籍でボルシアMGへ
最新コメント
月別アーカイブ
ブログランキング
逆アクセスランキング
Twitter プロフィール
サッカー好きで、つぶやいています。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メッセージ

名前
メール
本文
当サイトについて
・取り上げてほしい記事などありましたらお気軽にメッセージください。
・記事やツイートの削除依頼などありましたらこちらからお願いします。

【著作権について】

当ブログで掲載されている画像及び動画等の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。

著作権を侵害する目的または意図は全くございません。
掲載に問題がある場合は、削除対応をさせて頂きますので
お手数ですがメール・メールフォームから御一報下さい

h.sugamori◆hotmail.com
(◆を@に変換して下さい)
個人情報の管理について
本サイト【ブログサイトのURLをご入力ください】(以下、当サイト)では、
お問い合わせ内容に関する対応・確認・相談および、
情報提供のメール送信(返信)の目的以外には使用しません。

お問い合わせの際に取得しました個人情報を第三者へ開示することは一切いたしません。

警察や裁判所などの公的機関より、書面による請求がありました場合、
法令順守・公序良俗に従い、ただちに請求のあった個人情報を開示します。


◆当サイトに掲載されている広告について◆

当サイトでは第三者配信による広告サービス
「Google Adsense(グーグルアドセンス)」を使用しております。

広告配信にはCookieを使用し、当サイトを含めた過去のアクセス情報に基づきまして、
広告を配信しています。

広告を配信する際、ユーザー様の当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報
(氏名、住所、電話番号、メールアドレス等は含まれません)を取得、使用する事があります。

詳しくは以下のサイトをご覧ください。

https://www.google.com/intl/ja/policies/technologies/ads/


ユーザー様の当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報
(氏名、住所、電話番号、メールアドレス等は含まれません)を使用できないようにする方法につきましては、
以下のサイトをご覧いただきまして、設定の変更を行ってください。

https://adssettings.google.com/anonymous?sig=ACi0TChAgm9xdS9TvOQrx9_Kq45QopshPWM_PtVdEqMm57WYkwrPKMDKd6SGY-k1x7dHzdIIxZB8XoRHFQBbxollbhT4xoUI8brlyZhuq0z0VT45OH3zEQs&hl=ja


詳細につきましては、以下の「Google Adsense(グーグルアドセンス)」
「公式プライバシーポリシー」をご覧ください。

http://www.google.com/intl/ja/privacy.html

運営者: すがっち
連絡先: h.sugamori◆hotmail.com
(◆を@に変換して下さい)
  • ライブドアブログ